MENU

金額やローンの種類に注意する

借金をまとめることによって返済の計画が立てやすかったり、返済の手間が省けたり、金利が安くなるイメージがある一本化ですが、実はメリットばかりがある訳ではありません。

 

当然デメリットの部分もあるので、もしこれから借金をまとめようと考えている方がいたら、一度考えてみるのも良いかもしれません。

 

金利は本当にさがるのか

やはり皆さん一本にまとめようとする最大の理由は金利ではないでしょうか。当然金利を下げて利息を減らしたいと思いますよね。しかし、実際まとめてもあまり効果が無かったという場合もあるのです。

 

消費者金融などの金利と比べるとおまとめローンなどの金利は安いのですが、金額やローンの種類によってはあまり下がらないなんて事もあるのです。なのでしっかりと利用計画を立てた上で利用しましょう。

 

払わずに済む借金があるかもしれない

とは言っても自分が借りたお金なのですから借りた物を返すのは人としてあたり前の事です。しかし実は2010年に施行された利息制限法と言うものがあります。これによって、以前から借金があった場合に聞き直し計算によって借金を減らしたり、過払い金を取り戻したりする事が出来る事が出来るかもしれないのです。

 

しかし、そのまま借金をまとめてしまうと適用されなくなってしまうので、まとめる前に一度調べることをおススメします。特に長い期間返済してる方は適用の可能性が高いですから。

 

どこにでもいる悪徳業者

どんな業界にも悪徳業者は沢山いると思いますが、金融関係は直接お金をやり取りする訳ですから特に多くの悪徳業者が潜んでいます。当然きちんとした金融機関でのおまとめローンであれば特に心配は無いのでしょうが金融機関によっては審査に通らない事もあります。

 

一方で、金利が低かったり保証人の有無に関わらず審査が通る様なところもあります。しかし、こういった甘い話には裏がある可能性は非常に高いと思われますので、聞いた事の無いような金融会社でのご利用は十分に調べた上で利用しましょう。
まとめた後の方が大変になったなんて事にならないように。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日