MENU

返済期限厳守で複数借入れはしない

カードローンの限度額は上がることもありますが、場合によっては下がるというケースもあり得ます。しっかりと返済を行っていけば、信用されて限度額が上がっていくように、返済を滞らせるなどの問題があったような場合には信用度が下がってしまい、結果として限度額を下げられてしまうのです。そこで、カードローンの限度額を下げられないようにするための方法について説明します。

 

返済期限を守る

限度額はどれだけ信用されているかということに言い換えることができます。しっかりと期限を守って返済してくれるお客さんは信用できるので、さらに貸しても良いと判断されますが、どれだけ収入があって返済能力があったとしても、期限を守らずに返済が遅れるようなお客さんは信用できないということになります。信用が下がると限度額も下げられる可能性が高まりますし、最悪の場合にはカードローンを利用できなくなってしまいますので、きっちり返済期限を守って返済していくようにしましょう。

 

複数の借入に注意

複数のカードローンを利用しているというように借入がいくつもあるという状態の場合には、注意が必要です。これは総量規制という制限があるためです。総量規制は、年収に対して3分の1以内の金額しか借入できないという制限です。この制限は一つの業者だけで計算するのではなく、全ての借入を合計して計算しますので、複数のカードローンを利用しているという場合には、その全てを合計して3分の1以内になる必要があります。この制限のために限度額を下げなければならないという可能性が出てきますので、いくつかの業者から借入があるという場合には、総量規制に引っ掛からないかよく確認する必要があります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日