MENU

年収の上下で借り入れ額の枠が決定される

カード会社のサイトなどでは「○○万円まで!」という謳い文句を目にすることがあると思います。そこで、このカード会社ではこんなに貸してくれるのかと期待して審査をしてもらったところ、実際に借りられる額はかなり少なく、あの記述は一体何だったんだと思う方もいらっしゃるでしょう。こうなる理由は「年収」が関係しています。

 

年収そのものが信用

あなたが初めてあるカード会社に審査申し込みをしたとします。その時点でのあなたとカード会社の信頼関係はゼロです。これから借り入れに関しても返済に関しても「実績」を作っていかなくてはいけません。

 

そうなると、初めてのあなたの信用度をどこで測るかというと「年収」しかないのです。年収が高い人は返済もできる。年収が低い人はあまり高額貸付を行うと、返済できなくなる可能性があるのではないかと思われるため、年収の上下で借り入れ額の枠が決定されるのです。

 

総量規制と年収の関係

銀行系は規制外ですが、消費者金融系のカード会社で借り入れをする場合、カード会社が顧客に貸すことのできる額は年収の3分の1までと決まっています。これは法律で決まっていることで、年収が高ければ高いほど枠も増大します。

 

たとえ複数のカード会社を利用していても、借り入れの総額が3分の1を超えるような場合はそれ以上借り入れができなくなります。よって、自分の年収を詳しく知っておくことは、消費者金融系のカードローンで自分が借りられる金額がある程度わかるということに繋がります。

 

限度額上昇は年収が関係する

カードローンの年収が上がる場合はあなたの年収が上昇した場合などです。年収が高くなればその分、総量規制と照らし合わせても借り入れができる金額が上がりますので、年収が高いということは借入金額も高くなるということなのです。ただしそれ以外にもいくつか審査ポイントはあります。

 

前提として「安定した収入があり、毎月一定額を返済できる」というのも審査の重要なポイントです。限度額を上げたいと思ったら、自分からカード会社のホームページなどから申し込みましょう。あなたの年収が上がったからといって、相手から限度額を上げるようなことは言われませんので、自分で行動しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日