MENU

遅延がなくスムーズに返済が進行してるかが大事

カードローンの限度額を変更したい、とりわけ増額してもらいたいと希望を持たれる人はいますが、だれでもそのように変更可能かというと、当然、そういうわけにはいきません。

 

いくつかの条件を満たしていないと、限度額の変更はできません。それでは、どういった条件が必要になるのか?それについて、簡単に以下に説明していきます。

 

返済が滞りなく進んでいるのがまず第一

限度額の変更を行うには、信頼をしっかりと得ていることがまず必要です。そのためには、借入金の返済を今まで一度も延滞したことがなく、スムーズに返済が進行していることは一番の信用要素になりえます。

 

自分から申告することが必要

限度額の変更に関しては、カードローン会社からDMやメールでお知らせやお勧めがくるわけではなく、あくまで本人の希望にのっとって行われることがほとんどです。手続きは会社によって異なりますが、ネット上で簡単に手続できることもありますし、電話でオペレーターに直接申し込む方法もあります。

 

申し込みの期限は半年間から一年のあいだに

限度額の変更を行いたいと思うのは、その時々の懐事情にもよってきますが、場合によってはすぐに増額してもらいたいと思うこともあるかもしれません。ですが当然、借入を始めたばかりの人間に対して限度額の増額を行ってくれる会社はそうありません。実際に返済してもらえるかという信頼を得られていないのですから当然です。

 

一般的には、返済を始めてから半年から一年のあいだ、問題なく返済を続けられていれば、限度額の変更を受け付けてくれるところが多いとされています。もちろん会社によって異なってくるものですので、実際に申込をしてみないと断言はできません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日