MENU

カードローンの利用限度額を増やす方法

カードローンはまとまったお金を用意したい時などに手軽に使える便利なものです。

 

でも、利用限度額がもう少し高ければいいのにと感じたことはないでしょうか。

 

ここでは、その限度額を増やすための方法について説明します。

 

まずは使用中のカードローンの内容を確認

限度額を増やすためには、まず現在使用中のカードローンの限度額を増やすことは可能かどうかを確認しましょう。

 

仮に現在使用しているカードローンの限度額が300万円だとしましょう。

 

その場合、最高限度額が500万円のカードローンであれば、あと200万円まで限度額を増やせる可能性があります。

 

でも、そもそも最高限度額が300万円のカードローンであった場合は、今より限度額を増やすことはできませんよね。

 

その場合は、他のカードローンを利用するしかないということになります。

 

返済は早く、確実に

限度額を増やすための重要なポイントがあります。

 

それは、過去にカードローンを利用した際、毎回きちんと返済してきたかという点です。

 

返済期限を一度でも過ぎてしまったことがある場合は、限度額を増やすことは難しいと思われます。カードローンの利用に当たっては信用が何よりも大事なのですから、これは当然のことと言えますね。

 

もうひとつ、限度額を増やすのが困難なケースがあります。

 

それは、カードローンを持っているけれどもほとんど利用してこなかったという場合です。カードローンを何度も利用していて、かつその都度きっちり返済している人であれば、カードローン会社からの信頼が増し、限度額をアップできる可能性が高まります。

 

返済能力の高さをアピール

限度額を増やすためにさらに効果的なのは、返済能力を上げることです。

 

今よりも収入を増やしたり、これまで無駄遣いで消えてしまっていたようなお金を返済に回せるように心がけましょう。

 

そうすることで、より一層カードローン会社からの信頼を得ることができ、結果的に限度額のアップにつながりやすくなります。

カードローンの限度額を理解しよう

カードローンを利用する時には、限度額についてよく理解しておいた方が良いです。どちらかいえば、金利に気を取られてあまり限度額を気にしていないという人もいますが、いざという時に足りなくなってしまうと大変です。そこで、限度額について見ていきたいと思います。まず、カードローンの条件となっている限度額まで借りられるかというと、消費者金融では他にも制限があります。

 

それは総量規制という制限で、年収の3分の1を超える借入ができないというものです。いくらカードローンの限度額が高くても、自分の年収が低ければ、限度額はその年収の3分の1を超えて設定されることはありません。総量規制は銀行には適用されませんので、限度額を高くしたい場合には銀行のカードローンを検討する方が良いでしょう。

 

限度額の設定

総量規制を気にすることがない場合でも、限度額の最高値が設定されるかどうかは分かりません。むしろ最高値が設定されるというケースは少ないでしょう。例えば、カードローンの限度額の条件に最高500万円までと記載されている場合でも、その500万円が適用される可能性は低いということです。カードローンの限度額は、審査をした結果として業者側が設定します。

 

この時、判断の基準となるものは、年収やこれまでの返済実績などを用いて判断されます。どの程度までなら貸しても返済できるかということを見ていると考えれば良いでしょう。したがって、年収が高ければ限度額は高くなる可能性があります。年収を上げることはなかなかできませんが、その場合には返済実績を積み重ねると良いでしょう。延滞などがなく、ちゃんと返済をするということを何度も行っていれば、信頼されて限度額を高くしてもらえる可能性ができます。

限度額に悩まされる人におすすめ! 銀行カードローン

キャッシングなど、カードローンを利用している人で、限度額の低さに悩まされている人も少なくないかと思います。限度額が低く設定される理由は、借入額の総量が規制されているからです。貸金業法では、貸金業者は年収の3分の1以上の借り入れがある人に対して、お金の貸し出しを行うことを禁じています。

 

そのため、借り手側から見れば、借入額の総額を増やすためには、年収を増やさなければならないということになります。これはけっこう厳しい問題ですよね。しかし、年収を増やさずとも、限度額に悩まされずにすむ方法が存在します。それが、銀行カードローンです。

 

銀行カードローンの利用が限度額に悩まされない理由

銀行カードローンは、貸金業法の規制の対象外です。つまり、年収の3分の1という総量規制が適用されないのです。しかし、だからといって銀行カードローンを利用すれば、必ず限度額が増額されるというわけではありません。

 

融資の際、銀行が重視するのは、借り手の信用と返済能力です。それらを基準に融資額が設定されるので、その基準がクリアされなければ、キャッシングやカードローンに関して、限度額が増額されることはありません。

 

銀行カードローンの王道 優良顧客を目指す!

キャッシングやカードローンの限度額の低さに悩まされている人には、間違いなく銀行カードローンの利用をおすすめします。しかし、乗り換えてすぐに、限度額が増額するというわけではありません。では、どうすれば早く限度額を引き上げてもらえるのでしょうか。それは、銀行にとっての優良顧客を目指すことです。

 

優良顧客とはつまり、返済実績に問題がない人のことです。銀行から借り入れをし、返済する。これを確実に積み重ねていくことで信用を築いていくのです。銀行カードローンにおいて、限度額を現在のものよりも高く設定してもらうためには、優良顧客を目指す以外に王道はありません。ですから、返済計画をきっちりと立てて、確実に実行するようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日